【美肌メイクに必要な『コントロールカラー』とは?】

メイク
みなさんこんにちは。ヘアメイクのhiromiです💄
今日はみなさん、なんとなく耳にした事はあるはず👂
〝コントロールカラー〟について、お伝えしたいと思います。

*コントロールカラーとは?*

化粧下地だけでもベースメイクを完成させることができますが、
コントロールカラーを使うと、肌のお悩みで特に気になっているところを上手に隠せるようになり、より理想の肌を仕上げることができます❤️
化粧下地→コントロールカラー→ファンデーションの順でON。
ファンデの発色がよくしたい方、化粧崩れを防止したい方にオススメです✨
💚赤ら顔・小鼻の赤み・ニキビ痕等にはグリーン系
頬のあたりや小鼻が赤くなっていて、どうしたら隠せるか悩んでいる方はグリーンを。
肌に赤みのある部分に塗るとしっかりカバーしてくれますよ✨
赤ら顔の方や皮膚が薄い方、敏感に外気との温度差に反応してしまう方に。
💛青みがかったクマ・くすみ・シミ・そばかすにはイエロー&オレンジ・ピンク系
目の下のクマや青みがかったくすみが気になる部分にはイエロー・オレンジ・ピンクの暖色系を。
シミもコントロールカラーのイエローを使ったら目立たなくなったという声もよく耳にします。
貧血気味で青白くなってしまったお顔には、どんなメイクも映えません😢
暖色系のコントロールカラーは、そんな時に血色の良いお顔に見せてくれる優秀カラーです♪
※また気になるクマやくすみの濃さによって、使用する色も変わってくるので、使い分けも大切。
詳しくは直接堀江まで🙇‍♀️
💙黄色くくすんでいるのを解決したいなら、ブルー系
黄ぐすみが気になるお肌をカバーしたいならブルー系のコントロールカラーがおすすめ。
肌の色を白く透明感のある美白肌に近づけてくれますよ✨
もともと黄色が強い日本人の肌なので、多くの女性にあてはまるかもしれません。
私は個人的にイプサのブルーのコントロールカラーがお気に入りで、すごく透明感が出るのでオススメです♪
💜透明感を出し、エレガントな肌を目指すならパープル系
パープルはピンクとブルーのいいとこどりをしたカラー。
血色感を出しながら、透明感のある肌を作ります。
ブルーだと浮いてしまう人にもオススメ⭐️
化粧下地やコンシーラーを使っても、隠し切れなかったお肌の悩みを解決してくれるかもしれないのが、このコントロールカラーたち。
いつものコスメに加えて、より理想に近いお肌作りに挑戦しみてくださいね♡

堀江 裕美

274 views

ヘアメイクアップアーティスト 美容師(freelance) トータルビューティーセラピスト パーソナルコーチ   某化粧品メーカーにて、全国各地を巡るインス...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧